有限会社 丸三商店

About

丸三商店について

丸三商店は、1954年に和歌山市で創業した食品卸売会社です。
私たちのこだわりや事業内容について紹介します。
丸三商店は1954年(昭和29)に
和歌山市で創業。地域の外食産業とともに発展してきた
総合食品卸売会社です。
近年では県外へと販路を広げ、
和歌山の食品の魅力発信に尽力。
和歌山の生産者さんやメーカーさんと共同し、
PB(プライベートブランド)開発や
OEMにも取り組みを広げています。

3つのお約束

丸三商店の3つのこだわり、
これらをお客様にお約束いたします。

生産者と飲食店をつなぐ架け橋に

わたしたちは地域に根差した総合食品卸売会社として、和歌山の生産者の窓口となり、地域に埋もれた「おいしい」を全国へ流通。
メニューや食材の開拓に悩む飲食店さまへと、知られざる和歌山の美味をお届けします。

有限会社 丸三商店 社長

一緒に悩み、商品を生み出します

わたしたちは飲食店のみなさんや和歌山の生産者さんと同じ目線に立つことをお約束します。単に食品を流通するだけでなく、飲食店さんが求める食材の開拓やメニュー開発をお手伝い。また生産者さんと一緒に悩み、「和歌山の新たな美味」開発に努めます。

和歌山地域の活性化に貢献します

食品卸として和歌山の「食」を長年支えてきた実績を大切に、これからも地域に貢献。
外食産業はもちろんのこと、宿泊・レジャー・医療福祉施設まで、安心安全スピーディに食材をお届けします。

事業内容

事業内容はこちらです。
和歌山の商品を全国にお届けしています。
  • 業務用食品卸売業
    調味料、乾物、冷凍食品を中心としたメーカー商品のほか、和歌山の生産者から仕入れた生鮮食品や加工品、飲食店などに運んでいます。
  • 食品小売業
    和歌山市中央市場に店舗を持ち、業務用食品のほか、家庭で使いやすい食品メーカーの一般商品や当社プライベートブランド商品を販売しています。
  • 商品・メニュー開発
    地域生産者との長年の信頼関係から生み出されるPB(プライベートブランド)商品のほか、OEM(食品受託加工)に対応。また飲食店さまや給食産業さまのメニュー開発もサポートしています。
  • 全国での販売
    全国の飲食店のほか、お弁当や惣菜などの中食産業、施設の給食産業まで広く食材を卸しています。強みは、自社流通を中心とした素早い商品配送。和歌山ならではの食品の卸、ギフト展開も手掛けています。
  • 外食産業 病院・高齢者施設 ホテル・旅館 一般小売 百貨店ギフト

和歌山には、面白い食材がたくさんあります。
丸三商店は、それをあなたに伝えたい。

丸三商店のホームページをご覧いただきありがとうございます。
代表取締役の赤井 康造と申します。
 
わたしは昭和40年1月1日に当社の3代目として生まれました。
 
大学卒業後は視野を広げるためアパレル関係会社に就職。
ヨーロッパで生産と輸入の仕事を経験したのち、家業を継ぐため和歌山に戻りました。
そこでわたしが驚いたのが、和歌山のローカル事情です。
 
温州みかんや南高梅はもちろんのこと、和歌山には魅力的でおいしいものがたくさんあるのに、他県にほとんど知られていません。
 一次産業が中心の地域だけに、県外への商売はあまり得意でないという県民性に、Uターンしたことで気づいたのです。

わたしは、人にはそれぞれ役割があると思っています。
そして、丸三商店を継いだわたしの役割は、人と人をつなぐことだと考えました。

 
丸三商店では、東京をはじめとする都市圏の食品卸売会社や飲食店を訪ねて食材へのニーズを探るとともに、和歌山の生産者さんのもとで知られざる美味を開拓。
和歌山の食材の窓口となり、大きな市場へつなげることに取り組んでいます。
 
全国の若い飲食関係者の方々に、和歌山の食材の魅力を知っていただきたい。
そして、和歌山の若い生産者の方々と一緒に、地域をもっと活気づけたい。
それが、丸三商店の願いです。